日本式コースメンテナンス 】
我が国は高温、多湿の気候という特別の気候風土を持つ国です。雨量も年間1,200mm~3,000mmと雨が多い国でありその風土の中で、寒地型芝草であるグリーン(クリーピングベントグラス)を年間を通して維持・管理を行うには、あまりにも過酷な条件であり、メンテナンスを行う事の難しさを考え直す時期であります。更に温暖化による天候不順など日本も亜熱帯化しつつあり、寒地型芝生の生育を欧米の真似では無く日本の気候の特徴を取り入れ、ゴルフコースメンテナンスに生かして行かなければなりません。

肥料の考え方 まずは基本から! しば子先生のミニ芝生教室で基本を学習して下さい。何事もすべては基本から始まります。

散水栓を分岐させて2人作業で効率化

植物は!水が無いと肥料は吸収しない! 】
 肥料はイオンの形でしか芝生に吸収されません。人間の体内水分が60%と言われている様に植物も水分を根や葉から体内に取り込み光合成を行います。芝生体内の水分率も50%程度です。
 春先にベントグリーンが動ぎ始めますが、霜が降りる時期にもグリーンの乾燥箇所がわかります。霜の降り方がまばらな時には、土壌が乾燥している事が目でみてわかる時期です。一見雨や散水は均一に水が掛かっている様に見えても、土壌中での水の動きは均一ではありません。これをわかりやすく説明してくれる動画を見て下さい。均一に水は流れない事がわかります。試験では表面に芝生やサッチ層はありませんので、実際のフィールドではもっと不均一な水の流れとります。春先の乾燥はベントグラスに致命的なダメージを与えるわけではありません。この時期に土壌洗浄剤マックスウォッシュS+浸透剤ストリームを使い土壌中に水が均一に入る様な状態を整えて下さい。2次乾燥時期である5月の田植え時期までに トライ&エラーを繰り返し土壌中の水分を均一化して下さい。春先のエアレーションの穴の開いた箇所に、マックスウォッシュS+ストリームを散布して後散水の水圧でエアレーション穴を完全に開けてます。このひと手間の作業が後に絶大な効果を上げます。担子菌類の防除に役立つ作業です。乾燥箇所には水が必要です!梅雨までに土壌水分を均一化して高温期に備えて下さい。

【春の考え方】
 環境の準備が整い芝生が動き始めます。春先は芝生本来の養分によりスプリングフラッシュします。ゴルフ場の入場者数数が5万人以上のコースだと、この時期に擦り切れが目立つ場合には少量の施肥をお勧めしますが、擦り切れの問題が無ければ春先早くの施肥を控えてスロースターターで行きましょう。ベント内にカタビラが入っているグリーンではなおさらです。 休眠打破はカタビラの方がベントより早く動くので、早春の肥料はカタビラのエサとなり増殖させてしまいます。この時期に肥料をガンガン与えると色も芝生の伸びもよくなりますが、根は伸びにくくなります。(栄養成長)何故でしょう?
 答えは簡単。少子化問題の日本は個人個人の豊かさを求める為に自分に金を使います。発展途上国のあまり豊ではない国では人工増加が止まりません。豊でない方が親は自分の為では無く、子供の為に働き子孫繁栄に向かうのです。芝生も同じ。肥料が少し足りない位が良いのです。ベントグラスの親株は1年半から2年程度生きます。老人が多いより若者や子供が多いグリーンの方が夏場に向けて安心です。(生殖成長)
 肥料を与えすぎると芝生が伸びるだけでなく、土壌中の養分も損失します。芝生の刈粕を出す事のメリットは全くなく、産業廃棄物を増やすだけです。逆に芝生を伸ばさないメリットの方が多いと考えます。(刈込作業が楽・グリーンモアの損失が少ない・肥料、農薬が少なくて済む・踏圧に強い・天候ストレスに左右されにくい・パッティングクゥオリティーが午前と午後の差が少ない・等)

師匠の教え・大井上康の栄養周期理論(巨峰を品種改良で誕生させた)

根の数を多くするには?
茎を太くする事=炭水化物貯蔵量を増やす。
根の本数は最大にすると15本出来る(下に伸びる根が7本・横に出る根が7~8本)
この横根が出来るほどグリーンが硬くなる。エアレーション時期の目安は根が5~8センチ程度伸びた時に行うと、しっかりした根によりを持ち上げにくくなるのでエアレーションによるダメージが少なく、穴の埋まりも早いので2週間で元に戻る。
浅い根に対して深すぎるエアレーションは注意が必要です。エアレーション前に根と茎を見る事はとても大切です。
ベントは1年に5回芽を吹く(分げつ) 栄養成長→交代期→生殖成長の切り替わりが上手い=腕の良しあしはこの辺かもしれません?

【春は縦根・秋は横根】
 春先のベントグリーンの管理は我慢が必要です。見守る事が大切ですので観察して下さい。人を育てる事も同じです。
4月の気温の上昇と共に徐々に土壌中に残っている養分を吸収してきます。ここで苦土石灰を土壌に散布してみてください。
土壌中に残存しているアンモニアが追い出され、窒素を散布しなくても芝生が吸収し色が出て来ます。
5月に塩化カリを施用して更にアンモニア態窒素をカリに置き換えさせれば夏の準備が整います。
塩基飽和度を上げてアンモニアを追い出せば、梅雨から夏にかけて起こる硝酸爆発が減ります。
春は縦根を作りますが、必要以上に長い根は必要ありません。根を伸ばすには加里が必要ですが5月にアンモニアを追い出すための塩化カリが根を伸ばす役割をします。塩化カリはタバコの葉を育てる時に使われます。葉が固くなり綺麗に燃えるという話を農家さんに聞いた事があります。
リン酸は根を伸ばすと言われますが、根を伸ばすのはカリの仕事で、リン酸は分げつ、発根、出穂、結実などに使われます。

4月のグリーンは黄色くて良い
窒素が多くて、青いグリーンは見た目は良いが、この時期はそんなに光合成が旺盛ではない。
上を伸ばすのに、貯蔵養分消費が増えると、縦根を伸ばす貯蔵養分が不足する。
青くするのは、光合成が旺盛になって、貯蔵養分消費が、マイナスにならない時期に入ってからなので、5月まで我慢。
色が欲しい時はこの時期鉄か着色剤で色を出せばOK。ただし同じだけ色を出すのに、窒素の10倍の費用を覚悟。

上は5月まで我慢
茎の付け根、根の生え際に膨らみと、張りが戻る、もう一つの見方として葉が光って来たら窒素を増やす。
すぐ切れてしまうが5月だけは我慢して、1週間に1回施用。

6月梅雨…ベントグリーンの管理
ベントグラス(寒地型芝生)厳しい季節となります。 濡れの生態学の本の中に雨によるリーチング (leaching) 植物体からの物質の流亡 ‥強い雨がふると葉の表面のパラフィン層がこわされてしまい、雨と共に養分が流亡し、蒸散が増えてしまう 。とあります。雨が多くなると光合成が低下して同化のスピードが落ちます。 食べ過ぎて消化不良になる季節に入り病気の発生要因にもなります。

窒素 ベントグラスは光合成で作った炭水化物を利用して、窒素を同化し、葉・茎・根などの植物体を作ります。光合成が十分に実施できない(お日様が出ない)天候下では光合成により造られる炭水化物の量が減少し、吸収した窒素をうまく同化する事ができません。窒素の吸収には、あまり大きなエネルギー必要としませんので、過剰に施用された窒素はベントグラスの体内に入り込みますが、同化できない状態に陥ります。
人間で言うと「食べ過ぎて消化不良」の状態ですので病気の発生要因となります。窒素目標値は4.0-4.5%程度で十分です。入梅に向けて窒素施用量を絞り始めてください。6月の最大窒素施容量は1g/㎡未満に収め、状態によってはさらに減らしてください。窒素4.0-4.5%で、その他の成分が目標数値を満たしていれば、刈取量は100㎡当たり1.0-1.5L程度になるはずです。

リン酸 ベントグラス体内のエネルギー代謝に重要な養分です。不足すると代謝不良・カロリー不足により、分ゲツが不良と細根の活性低下に陥り、芽数があがらない状況に陥ります。リン酸が効率よく吸収されることで、7月8月でも分げつと新根の発根が確認できます。このことは8月の芽数減少を予防する事にも貢献します。

カルシウム・苦土・カリ 晴れが少ない天候が続くと、葉身分析の窒素比が高くなり、その他の成分比が低くなる傾向があり、このような状態は徒長の原因になります。 5月の下旬に徒長気味の生育を呈しているベントグラスは、その他の成分のうち、特にカルシウムとリン酸が不足しているケースが多いです。農業分野においては、この時期カルシウム、もしくは苦土の施用量を増すことで徒長を抑制する農家の方も大勢います。土壌の塩基バランスを考慮して不足するものを補う。各成分が土壌内には多くあるのに、葉身分析に結果に反映されないような場合、軽い更新作業(スパイキング、無垢、十字エアレーション)、腐植酸、有機酸(クエン酸など)の施用で土壌内に残留している成分を溶かしてベントグラスに吸収させる方法は有効です。

ベントグラスに各成分を施用した場合の葉の反応(イメージ)
カルシウム → バリバリする
苦   土 → ムッチリする(葉が厚くなる)
カ   リ → シャリシャリする
各塩基が不足すると逆の状態に陥りますので徒長抑制の指針としてください。 タバコ農家では硬く火の付きが良い葉にするために塩化カリを使用する。

【梅雨から夏の考え方】
カルシウム(もしくは苦土)とリン酸の施用を強化し窒素施用量を絞る事で、徒長を抑制し8月の生育停止(停滞)期に向けてエネルギーの浪費を防ぎ、光合成により作られた養分を蓄積させる管理をする。梅雨時期から夏には硝酸爆発が起こり始めます。硝酸爆発とは地温の上昇と散水や降雨と共に、土壌中の養分であるアンモニア態窒素は土壌中の硝化菌が亜硝酸態窒素から硝酸態窒素へと変えていきます。硝酸態窒素は水と共に強制的に芝生体内に吸収されます。 前年秋に施肥した窒素が夏前までアンモニア態で土壌吸着して残り、高温多湿により硝酸化菌が活躍し始め硝酸態窒素の硝化が進捗する。硝酸態窒素が水と一緒に大量に芝生体内に吸収されて刈カス量も爆発的に増加する。刈カスが増えると肥料農薬の収奪量が増える事で 肥料農薬のコストがかさみ、芝生のストレスも増大する。この時期は寒地型芝生のベントにとっては停滞期なので少しゆっくりさせてあげて下さい。
硝酸態を芝生体内に吸収したら、タンパク質に同化しないと意味がありません。硝酸態窒素→アンモニア態窒素→アミノ酸→タンパク質=根、茎、葉を作ります。この時 アンモニア態窒素→アミノ酸の同化には、炭水化物が取り出した糖が必要となります。夏場は太陽が強すぎる為に光合成による炭水化物生産量が不足するので、貯蔵養分を切り崩して体を守ります。
炭水化物量が低下=病気にかかりやすい=殺菌剤コスト増となる。しっかり吸った養分はしっかり同化しないと病気も治りにくくなります。
夏場の窒素は寒地型には不利益が多く、暖地型には有益である。グリーンにメヒシバは出る場合はメヒシバの生育を助けてしまい防除コストも上がる。
横根を作るのは夏のリン酸です。20年前ならタブーですが、夏?例年お盆前後にベントは新根を出し始めますので、8月に体内のリン酸濃度を高めてあげることで芽数が増え芽数の低下を抑制させ、夏越しから秋の立ち上がりが良くなります。
ベントの停滞時期には根部からの吸収が弱いのでリン酸一カリ ポイントフォスを土壌に落とさない様に葉面散布(50㏄~80㏄散布)して下さい。土壌に落ちるとカタビラのエサになってしまいます。秋の横根を作る為には夏場から準備して下さい。
地球温暖化や気候変動により近年9月の気温が高くなり管理が難しい時期ですので8月のリン酸は非常に有効です。

【決め手は硝酸抑制】
成長調整剤(plant growth regulator PGR剤) がありますが、PGR剤を使うと1つの株に6枚~10枚以上の葉がついてしまう奇形児を作ってしまいます。基本3枚あれば十分ですので芝生の綺麗な形にはなりません。PGR剤は使い方が上手い方も居ますが、タイミングを逸したり止めたりすると節間が徒長してしまい、軸刈りの原因となります。継続使用しないと効果も安定しません。冬場にも節間が短く下葉が落ちずに残った芝は芽数があるようにみえますが、実際は芽数が少なく寝ているので、葉や茎が痛みやすくなります。病害が発生した時など回復の遅れ等の不安材料も残ります。夏場のリスクを回避する為には硝酸抑制剤G’s-suppresserがお勧めです。梅雨から夏に地温の上昇により硝酸化細菌が働きだし、アンモニア→亜硝酸→硝酸へと変化し、硝酸は-イオンに帯電するために土壌に吸着されずに芝生体内に水と共に強制的取り込まれてしまいます。光合成で作られる糖の生産を超える硝酸は、窒素同化できず(アミノ酸やタンパク質になれない)軟弱徒長・ スカルピング (軸刈)を起こし負のスパイラルに入りやすくなります。

【土壌と芝生を切り離しシンプルに考える】
日本とアメリカとの違いとして少量散布があげられます。アメリカのゴルフ場では水を買っている為、薬肥料代よりも水の方が高いコースが多くあります。一方日本では水は無料との認識があり、散布の考え方も多水量が当たり前でした。農薬の登録も多水量登録が一般的です。
アメリカでは少量散布が一般的で40cc散布もTOROのMulti Pro1750が有れば簡単に散布できます。これを利用しない手はありません。
グリーン・Tee・FW・RH全てに使用できる優れものです。憧れの外車ですし!
土壌は-に帯電しているので、+に帯電しているCa・Mg・は土壌に吸着されやすい状態であり、ーに帯電しているリン酸は鉄やマンガン等と結合してしまいます。加里はリーチングしやすく、他の+イオンと結合もしやすい状況です。そこで活躍するのが緩衝体である腐植酸エコゾア腐植元リキッド・フルボ前駆物質リードアップターフなのです。
尿素もリン酸も葉面散布により土壌に落とさず少量散布することで、厄介な土壌吸着を抑えて効率的に芝生に吸収させることができます。肥料は土壌に落とすのか葉面散布するのかを見極めて、土壌と芝生を切り離して考えるとシンプルで効率的になります。
しかし土壌は植物が育つ基礎ですので、土壌分析を踏まえて徐々に土壌改良を行って下さい。サンドグリーンでは完全な土壌団粒化は作れませんが腐植を利用する事により団粒化(物理性の改善)・CECの増大・不可給態肥料の吸収(化学性の改善)が行われ地力が高い土壌環境が生まれます。地力が高い土壌には目に見えない菌も住みやすくなります。生物多様性と言われますが土壌中でも必要で、環境ストレスにも強く芝生の環境作りも大切です。

【刈カスを計量しよう】
 芝生は常に成長しています。 刈カスを量を測る癖をつけましょう。刈取量が少なければ葉面散布、刈取量が多ければ散布しない。健康管理のバロメーターです。人間の感覚ではわかりますが、記録を残し何が起きているかを理解する事で状態が分かります。ゴルフ場では20面近くの違った環境でベントグラスは育っています。個々の特徴や条件もつかむ事で20面均一したパッティングクオリティーを実現できます。
刈カス量は春と秋0.5~1ℓ/100㎡、夏と冬0~0.5ℓ/100㎡を目安にしてください。

”百聞は一見に如かず”と言う諺がありますが、グリーンもしかり。良いと言われるコースは見に行った方が良いと思います。
プレーして見てわかる事があるし気づきもあると思います。管理者に話を聞ければもっと最高!昔と違って今の人たちは職人気質ですが包み隠さず何でも話してくれる方が多いと思います。たまにはミシュランガイドの高級レストラン行くと何か感じられると思います。僕は寿司で感動しました!
まずは1つでもチャレンジしてみて下さい。1年に1回しか経験できない管理です。楽に夏越しさせる事でもっと別の気づきが得られると思います。